トピックス

Topics


2016年10月20日 / ブログ ペット保険加入率5%

ペット火葬を執り行うに辺り、ペット保険の加入状況などをお聞きする事がありますが、殆どと言っていいほど皆さん加入していません。調べたところ加入率はなんと5%sign01 しかし、某ペット保険会社の業績は右肩上がりの増収増益sign01 ペット保険会社は約10社。 わずか5%の加入者で利益が出ていると言うことは、言うまでもありませんが保険料が高いと言うことですよね。up 諸外国と比べてもすごく高い水準のようです。もちろん、ペット保険を損得で考えるものではないとは思いますが、しかし加入者が費用対効果を考えるのは当然の事です。保険会社が加入率を上げれば自ずと病院利用率も上がり、ペットさんたちの病気や怪我が治り死亡率も下がる好循環が生まれるように考えます。

保険金の支払いなども目を通しましたが、馬鹿高い保険料のわりには、死亡保障などは支払われない保険会社がほとんどでした。理由は「飼い主がペットを殺して保険金を詐取するのを避けるためです。」とあります。???? 動物病院の死亡診断書やペット火葬・葬儀の領収書の添付などではだめなのでしょか?色々と理由付けし、支払いがされない又は支払い金額が低いなど… こんな保険内容なので、端的に言えば、魅力のない商品だから加入率が5%なのでしょう。ペット保険は、飼い主の方のワンちゃん猫ちゃんだけの病気や怪我だけではなく、ペット同士の喧嘩や人に噛み付き怪我をさせてしまうなど…  総合的なリスクに対応するためには大切な商品と考えますので、ペット保険会社さんには是非とも加入率を上げて動物愛好家さんに安心を与えていただければ幸いですね。confident

ページの先頭へ