トピックス

Topics


2017年9月5日 / ブログ 仔犬・子猫を購入する前に…

ペットショップやインターネットでペットさんの購入をお考えの方は注意が必要です!!

最近、特に多いのでこちらのサイトでご案内します。
ペットショップやインターネット販売等で購入されたペットさんたちが数ヶ月から数年で病死してしまうケースです。

通常、産まれたペットさんたちは動物病院で検診を受け健康状態をチェックするのですが、最近はこの検診を怠ったり、検診で病気が発覚してもそのまま知らん顔をして販売してしまうケースが特に目立っています。

理由は様々あるかと思いますが、理由の1つとして行政が殺処分を減らすための対策の1つとしてブリーダー等から流れてくるペットさん達を受け入れなくなった事も1つの理由として挙げられています。
もちろん一番大切なのは命なので減らすのはよい事です。
しかし、扉を閉めるのは簡単ですが、閉めた後のペットさんたちがどのような扱いを受け生きていくのかなどの対策は何もされていないのです。

産まれてきたペットさん達を健康な状態で飼い主さんにお譲りするのもブリーダーの役目、病気で産まれてきてしまったペットさん建ちも最後まで責任を持って育てていくのもブリーダーの役目なのです!
この辺りの責任問題を法令や条例などの取り決めもせずに自分たちだけが都合の良いように決めていい顔している行政には大きな責任があると感じています。

これからペットをショップ等で購入される方は、販売契約書や保証内容はもちろんですが、検診を受けた病院名なども聞き、可能であれば検診証明書などを請求される方がよいと思います。
一度受け入れたペットさんは、病気と分かっても交換や返品などはできなくなりますので…

ペットショップやインターネットでペットさんの購入をお考えの方は注意が必要です!!

最近、特に多いのでこちらのサイトでご案内します。
ペットショップやインターネット販売等で購入されたペットさんたちが数ヶ月から数年で病死してしまうケースです。

通常、産まれたペットさんたちは動物病院で検診を受け健康状態をチェックするのですが、最近はこの検診を怠ったり、検診で病気が発覚してもそのまま知らん顔をして販売してしまうケースが特に目立っています。

理由は様々あるかと思いますが、理由の1つとして行政が殺処分を減らすための対策の1つとしてブリーダー等から流れてくるペットさん達を受け入れなくなった事も1つの理由として挙げられています。
もちろん一番大切なのは命なので減らすのはよい事です。
しかし、扉を閉めるのは簡単ですが、閉めた後のペットさんたちがどのような扱いを受け生きていくのかなどの対策は何もされていないのです。

産まれてきたペットさん達を健康な状態で飼い主さんにお譲りするのもブリーダーの役目、病気で産まれてきてしまったペットさん建ちも最後まで責任を持って育てていくのもブリーダーの役目なのです!
この辺りの責任問題を法令や条例などの取り決めもせずに自分たちだけが都合の良いように決めていい顔している行政には大きな責任があると感じています。

これからペットをショップ等で購入される方は、販売契約書や保証内容はもちろんですが、検診を受けた病院名なども聞き、可能であれば検診証明書などを請求される方がよいと思います。
一度受け入れたペットさんは、病気と分かっても交換や返品などはできなくなりますので…

ページの先頭へ