トピックス

Topics


2017年10月9日 / ブログ ペット葬儀の忌引休暇

今回は、ペット葬儀の忌引き休暇について考えてみました。

皆さんは愛犬や愛猫さんたち、又はその他ペットさんの葬儀に忌引き休暇を取得された方はいらっしゃいますでしょか?

ペット関連企業(メーカーやショップや動物病院など…)やペット保険会社など、ペットに関わる企業などではペットさんの忌引き休暇が認められる場合が多いようですが、ペットに無関係な企業ではまだ非常識と考えられているようですね。

そこで思うのですが、ペット葬儀にいらしていただく方でよく口にされる言葉が、身内が亡くなるよりも悲しい…とおっしゃります。
と言うことは、飼い主さんにしてみれば、人間の葬儀よりも大切に感じ考えていると言うことなのです。

そこで企業は古い考えを一掃し、ペットを飼う社員向けに福利厚生制度を充実させてり、ペットの同伴を認めたりすることで社員の働く意欲の向上や良い人材の確保に繋がると思うのです。
今や小動物まで含めると二人に一人は何らかのペットを飼っていると考えられますので、企業は早急に対策を打った方が得策だと思います。

ページの先頭へ