トピックス

Topics


2021年1月9日 / ブログ 犬が排便する前におかしな行動をする理由

犬が排便する前におかしな行動をする理由

 

犬はウンチをする前後、おもしろい動きをすることがありますね。

クルクル回ったり、シートを踏みしめたり。

今回は、うんちの前後に謎の行動をする理由を調べました。

 

うんちをする前に謎の行動をする理由には、5つの説があります。

 

①ウンチのときに腸が動くため、その違和感で活発に動く説。

 

②ウンチをするための準備運動。人間も動くと排便しやすくなるように、犬もウンチしやすくなるために動いている可能性があります。

 

③飼い主に合図を送っているという説。走ったり、くるくる回ったり、ときどき飼い主の目を見てきたりするのは、「これから排便すること」「片づけてほしいこと」を伝えているのかもしれません。

 

④トイレを探している説。犬はウンチをするとき、こだわりの場所で排泄するそうです。犬によってさまざまで、草むらのなかでしたい犬や、道の真ん中など広いところでしたい犬もいます。

家の中でトイレの場所を覚えていないときや、ここでしかできない!というこだわりの場所を探すとき、クルクル回るのでしょう。

 

⑤地球の磁場が関係している説。ドイツとチェコの研究チームが約2年かけて調査した結果、犬はウンチをするとき、「南北の方角にあわせて尻をむけてウンチをする」ことがわかったといいます。

愛犬がウンチをするとき、方位磁石で調べてみたら、おもしろいかもしれませんね。

ページの先頭へ