トピックス

Topics


2020年10月19日 / ブログ 「犬猫の爪切り。実際の方法やするべき間隔とは?」

「犬猫の爪切り。実際の方法やするべき間隔とは?」

 

皆さんは一緒に暮らしているワンちゃん・猫ちゃんの爪は自身で切られていますか?

またどのくらいの間隔で爪切りを行なっているでしょうか?

今回は、ワンちゃん・猫ちゃんの爪切りにまつわるお話をしていきたいと思います。

 

まず、ワンちゃん・猫ちゃんの爪をご自宅で切られている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

もしおうちだと嫌がって暴れてしまうという場合には無理はせず、トリミングサロンや動物病院にお願いしましょう。

無理やり爪を切ろうとして深爪させてしまい、血が止まらなくなってしまうことがあるため注意してください。

万が一深爪させてしまった場合には清潔なガーゼやタオルなどで圧迫し、血が止まるのを待ちましょう。

 

おうちで爪切りを行なう場合は、現在の爪の長さをしっかりと見た上で、爪の色が透明あるいは白色の子では付け根側のピンク色に見える血管の位置を確認しましょう。

血管から最低でも5mmほど余裕を持って爪を切るよう心がけてください。

 

また、爪切りを考えるべき間隔はおよそ1ヶ月ごとと考えてください。

特にワンちゃんは伸びた爪が床に触れ、カチカチと音がよく聞こえるようになったら爪を切るタイミングです。

ワンちゃんも猫ちゃんも爪が伸びすぎると、巻き爪になってそのまま皮膚に刺さってしまうことがあるため注意しましょう。

ページの先頭へ