トピックス

Topics


2020年10月30日 / ブログ カンガルーの名前の由来

カンガルーの名前の由来

カンガルーは、オーストラリアの固有種である有袋類です。お腹のポケットで赤ちゃんを育てる様子や、ぴょんぴょん飛び跳ねる姿が印象的な可愛い動物です。
このカンガルーという名前がどうやって付けられて、どんな意味があるのかご存知でしょうか?

「カンガルー」というのは、オーストラリア大陸があるオセアニア地域に昔から住んでいた先住民、アボリジニーの言葉です。
語源についてはいくつか説があり、一つはグーグ・イミディル族という民族が使用している言葉で「跳ぶもの」という意味です。
主に、クロカンガルーやハイイロカンガルーを指す言葉です。オーストラリア全域で使用されていた言葉ではなく、偶然この名前を使用していた地域にやってきたイギリス人によって、世界中に広まって定着した名前だと言われています。

別説では、イギリス人がオーストラリアを訪れて初めてカンガルーを見た際に、アボリジニーに「あれは何という生き物だ?」と尋ねて、返ってきた言葉が「カンガルー」だったので、その単語が名前として定着したという話もあります。
この時のカンガルーというのは、現地の言葉で「知らない」という意味でしたが、それに気付かずに名前として解釈してしまったという、昔からある笑い話です。

どちらの語源にしても、現地の先住民たちにとっては、よく見かける動物の名前なんてものは、あまり重要ではなかったのかもしれませんね。
ページの先頭へ