トピックス

Topics


2020年11月16日 / ブログ 迷い犬になる原因、第1位は?

迷い犬になる原因、第1位は?

 

SNSや動物病院にある貼り紙で「犬を探しています」というお知らせを見ることがありますね。

迷い犬になってしまうのは、「散歩中にリードを離してしまった」「庭からいなくなっていた」などさまざまな原因があります。

 

その原因の第1位は「庭から逃げていった」。(迷子ペット.NET調べ・20188月)第2位は、「玄関のドアが開いていて、出ていってしまった」とのことです。

 

そして迷い犬になってしまった場所の第1位は「自宅」でした。

散歩中はリードをもっていたり、警戒したりしていますが、自宅だと「出ていくわけがない」と気がゆるみがちだからかもしれませんね

 

外犬の場合は庭にしっかり柵をしたり、リードが外れそうではないか確認したりしないといけません。

 

家の中にいる犬も、宅配便や来客があったときに扉をあけっぱなしにしていて、玄関から出ていくことや、窓が開いていて逃げていくことがあります。

 

犬を玄関に近づけないようにし、掃き出し窓のような大きな窓は念のため、カギをかけておきましょう。

迷い犬になると、戻ってくる可能性はとても低いです。自宅でも油断せず、犬を飼っている意識をもって、予防策をおこないましょう。

ページの先頭へ