トピックス

Topics


2020年4月24日 / ブログ 猫にスルメイカを与えてはいけない理由

猫にスルメイカを与えてはいけない理由

猫は魚介類が大好きなイメージがありますが、中には与えてはいけない海鮮食品もあります。
その代表がスルメイカ。
イカにはチアミナーゼという、ビタミンB1を分解する成分がたくさん含まれています。そのため、イカをたくさん食べるとビタミン欠乏症を起こして神経麻痺の症状が起こり、腰が抜ける、ふらついて歩けなくなるなどの症状が出ます。ビタミンB1は猫ちゃんにとって欠かせない重要なビタミンなので、不足すると様々な悪影響が生じるのです。

チアミナーゼは熱を通せば成分を飛ばすことができるのですが、乾燥させた干物などは塩分が大量に含まれていて、高血圧など体を壊す原因になるので注意です。
また、イカはもともと消化しにくい食べ物なので、猫ちゃんが食べるとお腹の中で膨張して、消化不良を起こします。それが原因で下痢や嘔吐をすることもあるので、与えすぎは厳禁です。
イカだけでなく、エビやタコにも同様にチアミナーゼが含まれていて、消化もしにくい食べ物なので、猫ちゃんに与えるにはおすすめできません。

絶対に食べさせてはいけないというわけではありませんが、猫ちゃんにスルメイカを上げる時には、充分に気を付けてくださいね。
ページの先頭へ