トピックス

Topics


2020年4月29日 / ブログ 狂犬病集合注射の延期について

ついこないだ、

「今年は狂犬病の予防接種が延期になったね。それだけ今、世の中が新型コロナウイルスで大変だってことだよね」

と、知り合いの飼い主さんにLINEで言われました。

 

確かに、緊急事態宣言が出され、新型コロナウイルスの感染拡大を避けるべく、狂犬病の集合注射が延期あるいは地域によっては当面中止と決定されましたね。

 

それに加えて、厚生労働省のHPにも7月以降に接種させることを可能とする方向に検討中という内容が、今月の中旬ごろに掲載されました。

 

そのため、多くの動物病院でも、飼い主さんの不要不急の外出を減らすべく、ワクチンの接種時期を遅らせるようアナウンスしています。

 

本来は、狂犬病予防法により41日から630日までに飼い犬に狂犬病ワクチンを接種させる義務が飼い主の皆さんには課せられているのですが、

今年は7月以降でも問題ないと認められることでしょう。

 

予防接種だけではなく、爪切りやカットなど、不急と思われる動物病院の受診を控え、

しばらくはお散歩も家の周りだけにしたり、飼い主仲間とのお喋りをなくすことが、飼い主の皆さんにできることだと思います。

今は新型コロナウイルスの感染拡大をみんなで協力して防ぐことを優先しましょう。

ページの先頭へ