トピックス

Topics


2020年5月3日 / ブログ ずっと室内にいる猫にノミが付く意外な理由

ずっと室内にいる猫にノミが付く意外な理由

飼い始めてから一度も外に出したことなんてないのに、飼い猫にノミが付いていた!
なんて経験をしたことはないでしょうか?
実は、ノミというのは猫ちゃんが家の外でくっつけてくるだけではなく、意外な方法で家の中に入り込んでくることがあるのです。
それが、家の外と中を出入りする飼い主さん。
飼い主さんが外に出た際に、衣服や靴の裏などにダニの卵をくっつけて帰ってきてしまうことがあります。その卵が室内で孵化して、家の猫ちゃんにくっついてしまうことが、意外とよくあるそうです。
もし猫ちゃんが、痒そうな仕草をしていたら、「うちに限ってノミなんていない」とは考えずに、すぐに病院で薬を処方してもらいましょう。放っておくと、皮膚を掻きすぎて炎症を起こしたり、脱毛症や感染症の原因にもなります。
また、家の中にノミを持ち込まないためにも、玄関で服のホコリを払う、靴の裏の汚れを綺麗に落とすなど、ちょっとしたひと手間で危険を回避することができます。室内を定期的に掃除して、清潔な環境を保つことも大切です。
ノミはとても小さく、肉眼で見つけるのは至難の業です。できるだけ注意して対処していきたいですね。
ページの先頭へ