トピックス

Topics


2020年6月18日 / ブログ ペットに適した飲み水とはどんな水?

ペットに適した飲み水とはどんな水?

 

動物の体は、水が約70%を占めているといわれています。

体の大半を占めている水は、ペットの健康維持には欠かせないもので、特に夏場は体温調節のためにも重要です。

 

一言で水といっても、水にはたくさんの種類があります。

夏はアウトドアの機会も多く、ワンちゃんと一緒にお出かけした場合、ふだん触れることのない水に出会う場面も多くなるでしょう。

ではペットにとって最適な飲み水とは一体どんな水なのでしょうか?

 

ふだんペットに与える水は、水道水がベストです。

日本の水道水は軟水で、安全性が高いといわれているため飲み水としておすすめです。

水道水のカルキのニオイが気になる場合は、煮沸して冷ました水を与えてもいいでしょう。

 

逆に硬水はカルシウムやマグネシウムの含有量が高いため、注意が必要です。

尿道結石を患っているペットは悪化する恐れがあるため与えないようにしましょう。

 

炭酸水や人用のフレーバー水をあげるのは絶対NGです。

糖分が含まれているものが多く、お腹いっぱいになりやすいため体によくありません。

 

レジャー中に海や川の水を飲ませるのも控えるようにしましょう。

誤って飲んでしまった程度なら健康上の問題はありませんが、水分補給の意味で与えるのは衛生的に安全とは言えません。

 

いずれにせよペットの飲み水は毎日交換して、常に新鮮な水を与えてあげることが大切です。

ページの先頭へ