トピックス

Topics


2020年6月9日 / ブログ 猫がカエルを取ってきた!

ヒキガエル中毒
ネコを外に出す行為が実は危険であるということはご存じでしょうか。
病気への感染だけでなく、おかしなものを口にして中毒になる可能性もあるからです。
その一つが「ヒキガエル中毒」です。
嘘みたいな名前ですが、カエルをハンティングするネコにとっては大変危険な中毒なので、知っておきましょう。

ヒキガエル中毒の原因は、カエルの耳下腺から出る強烈な毒です。この毒素を口に入れたり舐めたりすることで、体内に毒素が吸収され、重度の中毒症状を起こしてしまうのです。

最悪の場合、数時間後には死に至ることも。
これは春から冬眠するまでの間、ずっと気を付けなければなりませんから、簡単に外を出歩かせることは大きな危険を伴うと考えられますね。

ヒキガエルは、成体になるにつれ動きも鈍くなり、それだけネコに捕獲されやすくなります。
またヒキガエル中毒とは言いますが、ヒキガエルに限らず、他のカエルにもこの毒があります。カエルはこの体表粘膜に含まれる毒で全身を守っているというわけです。

ちなみに人間にも少なからず影響がありますから気を付けたいところですね。
「ネコが帰ってこない・・・」
そんな心配に頭を悩ませるくらいなら、これを機に完全室内飼育に切り替えましょう。
梅雨時に限らず、1年中しっかり管理してあげてくださいね。
ページの先頭へ