トピックス

Topics


2020年7月24日 / ブログ 犬の生活費のリアル 

犬の生活費のリアル 

 

ショップで愛犬に出会ったとき、店員さんから「毎月必要なのは、ごはん代ぐらいですよ、4000円とかそれぐらいです」なんて言われました。

 

「そんなわけがない!」

 

ショップ店員の言葉にそう思った自分でも、予想以上にかかって驚いています。

小型犬の雑種、2歳。生活費のリアルをお伝えします。

 

 

●ごはん代…3000円~

質の悪いものばかり食べさせると、目ヤニが出たり、皮膚・毛並みが悪くなったりします。

主原料が肉類なもの、人工添加物が使用されていないものを探すと、月3000円以上かかります。

 

●おやつ代…1000円~

 

●おもちゃ代…1000円~

 

●環境代…4000円~

冬場や夏場の光熱費がすごく上がります。

また犬のニオイを軽減するために強力な消臭剤や、空気清浄機を買う人もいます。

(市販の消臭剤ではあまり効果が…)

 

●ケア代…2000円~

・歯みがき、歯みがき用ガム

・耳掃除のための道具

・ウェットティッシュ(散歩から帰ってきたときの足ふき用)

・トイレシート

「1枚に3回分のおしっこ吸収!」と書かれていても、キレイ好きなワンちゃんの場合、1枚に1回しかトイレしません。

112枚 1380円~のトイレシートは1~2か月分ぐらいです。

 

●トリミング代…5000円~

 

●薬代…2000円~

・年に1回、狂犬病の注射(3000円~)

・5月~11月までのフィラリア薬

 

●保険代…1000円~

 

●病院代…

医療費がとても高いです。

子犬の頃、ビニール袋を食べたので病院に連れていきました。

夜9時。夜間料金込み、1回の手術で10万円支払いました。

日中留守にしている人は要注意です。ゲージから出して遊んでいるときなど、誤飲に気づくのはだいたい、夜なので。

 

 

合計すると、成犬のときの生活費は毎月【1万円~】ですね。

病気したり、老犬になると、もっとお金がかかります。病院代で1日1万円以上支払うことになるかもしれません。

 

犬は確かに癒しをあたえるカワイイ存在ですが、犬を飼う前によく考えてみてください。

一人分を養うぐらいの気持ちとお金はありますか?

ページの先頭へ