トピックス

Topics


2020年8月11日 / ブログ 夏の散歩で気をつけたいこと

夏の散歩で気をつけたいこと

今年の最高気温は何度になるのでしょうか。

35…となると、散歩がキツくなりますね。

犬はコートを着ている状態なので、もっと影響があります。

夏の散歩、気をつけたいことをおさらいしましょう。

 

●散歩の時間は朝方、夜

日中の散歩で気になるのは、気温だけでなく地面の熱さです。太陽光に当てられて、コンクリートが50℃、60℃ほどになっていることもあるそう。犬が肉球をやけどしてしまう危険があります。

地面からの照り返しも影響があります。太陽光の熱を地面が反射する仕組みです。下半身のほうがよく日焼けするのは、この仕組みのため。

地面から近い犬は照り返した熱を多く受けることになります。

「外が涼しい」と感じる日も、愛犬が熱中症にかかるおそれが十分にあります

曇りの日でも、地面を少しふれてみてください。さわっていられるようなら大丈夫です。

または朝方か夕方に散歩をおこないましょう。

 

●蚊やノミに注意

夕方から夜にかけて、蚊やノミなどが多くなります。

夜の散歩中は、茂みに近寄らないようにしましょう。

そのほか虫よけグッズや服を着せるのも効果的です。

 

●人や車に注意

夜は視界が悪いので、人や車が犬に気づかないことも。

犬の存在を知らせるライトをつけたり、反射シートをいれたリードを使用したりして対策しま

以上のことを気をつけて、今年も無事に、愛犬と楽しく快適な散歩をしましょう。

ページの先頭へ