トピックス

Topics


2020年8月20日 / ブログ ペットが夜間に具合が悪くなってしまったら

ペットが夜間に具合が悪くなってしまったら

 

ペットはいつ何時、体調が悪くなるかわかりません。

もしかかりつけの動物病院が閉まっている夜間にペットの具合が悪くなったら、夜間救急にかかることも選択のひとつです。

夜間救急は通常の時間外で診療をしてくれる救急動物病院のこと。

緊急の場合に備えて、落ち着いて行動できるよう準備をしておくことが大切です。

 

ペットの病歴は普段からしっかりと把握しておき、救急にかかるときは病気や飲んでいる薬を速やかに伝えます。

いざというときのために、かかりつけの動物病院で病名や薬名などをメモに書いてもらっておくと安心です。

夜間救急は時間外料金がプラスされる場合がほとんどなので、金額がいつもよりかさむことも覚えておきましょう。

ペット保険が適用されるかどうかは、動物病院や保険会社によって異なります。

一般的には夜間料金には適用されないケースが多いでしょう。

 

夜間救急の役目は、あくまで翌日の受診までの応急処置にすぎません。

必ず翌日にはかかりつけの動物病院を受診するようにしましょう。

夜間救急が自宅の近くにあるか、何時まで対応しているかなど、万が一に備えて事前に調べておくことをおすすめします。

ページの先頭へ