トピックス

Topics


2020年9月20日 / ブログ 「ワンちゃんがタバコの吸い殻を食べてしまったら?」

「ワンちゃんがタバコの吸い殻を食べてしまったら?」

 

ワンちゃんがタバコの吸い殻を誤飲してしまった場合、ニコチン中毒になる可能性があることはご存知でしょうか?

ニコチン中毒になると最悪の場合死に至る場合もあるため早急な対応が必要です。

とくに、ご家族に喫煙者がいないケースでもお散歩中に落ちている吸い殻を誤飲してしまう可能性があるため注意しましょう。

 

ワンちゃんがニコチン中毒になると次のような症状が見られる可能性があります。

・興奮して落ち着かない

・息が荒い

・よだれが出ている

・吐いている、気持ち悪そうに吐こうとしている

・ぐったりしていて元気がない

・けいれんしている など

このようにニコチンの過剰摂取によって様々な症状が考えられます。

 

タバコを誤飲してしまった場合、吐かせる処置を行なうことがありますが、ある程度時間が経っているとニコチンがすでに体内に吸収されており、無事吸い殻を吐けても中毒症状がでるかも知れません。

誤飲したからといってご自宅で吐かせることはあまり勧められません。

必ず動物病院へ連絡し、獣医師に指示を仰ぎましょう。

ページの先頭へ