トピックス

Topics


2020年9月23日 / ブログ ペットと寝るのはいいこと?

ペットと寝るのはいいこと?

 

一緒に寝たいぐらいかわいいペットですが、問題点もあります。

シカゴ大学の研究者によると、アレルギーを少しでも持っている人は要注意です。

アレルギーにかかっている人は、アレルゲンとなるものに過剰反応してしまうよう、体ができているからです。

犬や猫アレルギーという言葉があるように、ペットもアレルギーになる可能性があります。

 

ペットとふれあいにくくなるのは悲しいですよね。また一緒に寝ているあいだ、ずっとアレルゲンを吸うことになるので体も心配です。

なにかアレルギーがある方は控えたほうがよいでしょう。

 

ペットと寝る良い点は、癒し効果です。ペットとの交流は気分をよくするホルモン「オキシトシン」を分泌させることがわかっています。快眠できれば。日中の仕事や家事が捗りますし、健康にもよいですね。

 

害虫やしつけの問題などは予防することが肝心です。落ちたペットの毛を毎朝コロコロでとったり、シーツをこまめに変えたりして、衛生を保ちましょう。

犬の場合、しつけ問題は普段からオスワリ・マテなどの指示を出したり、ルールを守らせたりしてリーダシップを示します。一緒に寝ただけで関係性がすぐに変わるものではありません。

 

ではペットと寝るのはいいことなのか、悪いことかどうか。

アレルギーをもっていればよくないことであり、それ以外は快眠をあたえてくれるので「良い」といっていいでしょう。

普段のかかわり方に気を配ったり、布団の衛生面や事故などに気をつけてくださいね。

ページの先頭へ