トピックス

Topics


2020年9月30日 / ブログ 良いブリーダーの見極め方

良いブリーダーの見極め方

 

良い環境で育った健康的なコをペットに迎えるためには、ブリーダー選びを慎重にしないといけません。

ホームページや口コミなどを確認したなかで、このコだと思ったら、必ず「見学」に行きましょう。

見学のとき、まず犬や猫が育てられている場所がキレイかどうか、悪臭がしないかをしっかり確認してください。

清潔な空間で、ペットたちが元気よく、生き生きとしているようなら、育てられている環境は悪くないかもしれません。

 

つぎに親犬・親猫を見せてもらうようにお願いします。親たちを見せるのを断られたときは、繁殖犬として育てており、見せられない状態なのかもしれません。

納得できる理由がない場合は、そのブリーダーのもとで購入はやめておいたほうがいいでしょう。

 

そのほかブリーダーの雰囲気や話しやすさも見るべきポイントです。

ペットを家に迎えたあと、飼育について相談にのってくれそうかどうか。

見学の時点で冷たく、相談や質問にもしっかり答えてくれず、業務的な対応しかない場合、疑ったほうがよいでしょう。

 

本当にペットを愛情をもって育てたブリーダーなら、相談や質問にしっかり答えてくれますし、ペットに関する説明を十分におこなってくれるからです。

 

以上、良いブリーダーかどうか、判断するためのポイントをまとめました。

①ペットの飼育環境を見学できるか

②環境が清潔にされていて、ペットたちは生き生きとしているか

③親犬・親猫、その子ともに健康か

④ブリーダーの雰囲気、話しやすさ

 

このほかにも見学してみて、あやしいと少しでも思ったときはブリーダーに納得いくまで質問を。

良いブリーダーのもとで育てられた、ステキなコを迎えてくださいね。

ページの先頭へ