トピックス

Topics


2021年1月5日 / ブログ 宇宙旅行をしたメダカ!?

宇宙旅行をしたメダカ!?

人類は、遥か空の向こう側の世界に憧れを抱き、天文学を発展させてロケットを開発し、宇宙に飛び出す技術を開発し続けています。
何人もの宇宙飛行士たちが宇宙に行って無事に帰還していますが、そんなすごい体験をしているのは、人間だけではありません。
実は、宇宙に行って無事に帰ってきたメダカが存在するのです。

宇宙メダカは、1994年に宇宙飛行士・向井千秋さんがスペースシャトル「コロンビア号」に搭乗した際に一緒に連れて行ったメダカのことです。
人間以外の脊椎動物が宇宙でも生活・繁殖できるかという実験を行うために、移動させやすく暴れてもトラブルになりにくいとして、4匹のメダカが選ばれました。
魚は水中を自分の力で泳ぎ回っている印象ですが、夜には体を動かさず、水の持つ浮力に身を任せてフワッと浮きながら眠っています。その状態は無重力状態ととてもよく似た環境のため、宇宙でも変わらない生活ができるのではと考えられたのです。
結果として、メダカたちは宇宙で立派に生き抜き、繁殖して卵を産むこともでき、その卵も宇宙で無事に孵化に成功して地上に帰ってきました。

そのメダカの子孫は今も一つの品種として認められ、その遺伝子を脈々と受け継いでいます。
宇宙メダカ研究会に入会して希望すれば、飼育することもできるそうです。色々条件がありますが、興味のある方は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか?
ページの先頭へ