トピックス

Topics


2021年2月12日 / ブログ 犬が震えている…その理由は?重大な病気? 

犬が震えている…その理由は?重大な病気? 

 

犬が急にぶるぶる震えて、びっくりした飼い主さんもいるでしょう。

犬が震える理由は、寒さや痛み、ストレス、高齢にともなう能力の低下や、神経症状によるものが疑われます。

重大な病気が隠れている可能性はあります。

 

けれど、震えたからといって、すべて危険な状態とはいえません。

以前に震えたとき、飼い主さんに優しくされたことを覚えていて、わざと震えていることがあります。震えの原因が「喜び」だったという声もあるようですね。

 

震えが危険なものかどうかを判断するには、オテやオスワリをさせて、震えがおさまるかどうかを見ましょう。

 

そのほか室温が低くなっていないか、聞きなれない音がしていないか。

犬が苦手なものが近くにありませんか?

または犬をさわってみて、痛がる場所がないかを確認してみてください。 

 

ただ心配なのは、震えが止まらないときや、ご飯を食べた後など、いつも同じ状況震えているときです。

たとえば、いつも食事のあとにぶるぶる震えているなら、「門脈シャント」という病気の可能性があります。

 

震えのほかに食欲や元気がない場合は、すぐに動物病院に連れていったほうがよいでしょう。

ページの先頭へ