トピックス

Topics


2021年3月9日 / ブログ ペットが事故に遭ったら、どうしたらいいの?

ペットが事故に遭ったら、どうしたらいいの?

 

犬の事故は飼い主の目の前で起こることが多いです

事故を目撃したとき、飼い主さんはどう対応すればいいのかを見ていきましょう。

 

事故での死亡率を見ると、大型犬よりも小型犬のほうが助かっている割合が高いというデータがあります。

大型犬は体が大きく、車の衝撃を受けやすいためだと考えられています。小型犬は車の下にもぐりこめる可能性があるため、助かる可能性が高くなっているようです

 

また小型犬であっても、タイヤの下敷きになったとき生きていることがあります。

中型犬や大型犬は背骨を骨折していることが多く、小型犬は骨盤の骨折が多いという調査結果も。

 

そのため交通事故に遭ったときは、まず車の停止を呼びかけ、すぐに犬を動物病院連れていきます。

犬に意識があるときは、動物病院へ運ぶ際、噛まれることを覚悟してください。

体の痛みで、飼い主とわからずに本気で噛んでしまうことがあります。

 

意識がないときは、体を動かさないように気をつけながら、すぐに動物病院に連れていきましょう。

 

応急処置はできません。人工呼吸や心臓マッサージが役立つのは犬が溺れたときや感電したときです。

 

なによりも早く動物病院に連れていき、適切な治療を受けることが大事です。

ページの先頭へ