トピックス

Topics


2021年5月2日 / ブログ 犬の鼻が効くのはなぜ?

犬の鼻が効くのはなぜ?

 

犬は嗅覚が優れた動物として知られていますが、どのくらい鼻が効くかご存知ですか?

犬は特に動物の体臭などを嗅ぎ分ける能力に優れていて、人が嗅ぎ分けられるニオイを1億倍に薄めたとしても嗅ぐことができるといわれています。

なぜ犬の嗅覚がそんなに優れているかというと、その秘密は鼻の特徴的な構造にありました。

 

例えば犬の鼻の頭、上唇溝はニオイを集めやすい作りになっています。

空気の通り道でもある鼻腔は、わたしたち人間と比べて広く作られていて、空気を鼻腔に溜めておくことができるためニオイを感じやすいのです。

また、体臭などのニオイ以外にも、犬はフェロモンを感知する能力にも長けています。

これはヤコブソン器と呼ばれる、鼻腔の下側にある器官によるものです。

ヤコブソン器はフェロモンを受容するのに特化していて、犬はこの器官を駆使して自分のパートナーを探しています。

オスのワンちゃんが発情期のメスを簡単に見つけ出せるのもこのためです。

 

数あるワンちゃんの中でも特に鼻がいい犬種は、ビーグルやシェパード犬です。

警察犬として見かける方も多いのではないでしょうか?

ちなみにワンちゃんが鼻炎を起こしている場合、ほとんどの原因は歯周病といわれています。

気になる症状があれば、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

ページの先頭へ