トピックス

Topics


2021年6月2日 / ブログ カマキリのオスはメスに食べられる運命!?

カマキリのオスはメスに食べられる運命!?

カマキリは草や木の枝に袋状のな大きな卵を植え付け、その中からは数百匹にもなる赤ちゃんが生まれます。
そのとんでもない子だくさんっぷりから、カマキリの卵は子宝に恵まれる縁起のよいものとして重宝されてきました。
しかし、これだけたくさんの子供を無事に産もうと思うと、親の努力は計り知れません。それこそ、命懸けです。

カマキリは、繁殖期に交尾を終えると、メスがオスを食べてしまうことがあります。
恐ろしい話ですが、これは子孫を残すために欠かせない行為なのです。
オスを食べることで、オスから得られるアミノ酸などの栄養分を卵に送ることができるので、生まれてくる子カマキリの生存率が格段に上がります。
オスを食べたメスと食べなかったメスとでは、卵を産む数が2倍近くも違うという研究結果も出ています。それくらい、オスから得られる栄養は繁殖の役に立っているということなのです。

子供のために父親の命さえも犠牲にする母の愛は、偉大というほかありません。流石に食べられることはありませんが、人間でも父親が母親の尻に敷かれている家庭のほうが意外と円満というのも、理に適った自然の摂理なのかもしれません。
ページの先頭へ