トピックス

Topics


2021年6月6日 / ブログ 暑い日はペットの飲み水の管理をしっかりと!

暑い日はペットの飲み水の管理をしっかりと!

 

これから暑くなると、熱中症対策のためにもペットのこまめな水分補給が大切となります。

しかし、室内だから大丈夫と、ペットの飲み水を出しっぱなしにしているのは要注意です。

暑い時期は水が傷みやすいため、放置した水を飲むとお腹の調子を悪くしてしまう恐れがあります。

少なくとも1日に12回はペットが水を飲んでいなくても水を取り替えてあげるようにすると安心です。

水を替えるタイミングは散歩やごはんのあとなど、食べカスやよだれでボウルが汚れそうなときがベストです。

汚れたままにしておくと雑菌が繁殖する恐れがあるため、水を替えるだけでなくボウル自体も軽く洗ってあげましょう。

吊り下げ式の給水ボトルを使っている場合は、一度はパーツを分解し、洗って清潔を保つようにします。

 

ペットの飲み水にミネラルウォーターを使っている飼い主さんもいるかもしれませんが、水道水以外の水は場合によっては傷みやすくなるケースがあります。

水道水ではない水を与えるときは、よりこまめに水の交換を意識するようにしましょう。

ページの先頭へ