トピックス

Topics


2020年12月26日 / トピックス 大型の雑種犬は去勢や避妊を早くすると健康リスクが高まる?

大型の雑種犬は去勢や避妊を早くすると健康リスクが高まる?

 

1才までに避妊・去勢手術をすると、マーキングのクセがつきにくくなる、ストレスがへる、子宮系や前立腺などの病気にかかりにくくなるなどメリットが多いといわれています。しかし世界では「避妊・去勢手術はもっと慎重にするべきだ」という意見も。

避妊・去勢施術に適した時期は犬の種類や大きさごとにちがっており、すべての犬が1才になる前に手術をする方針は見直すべきだと指摘しています。

2020年8月、カリフォルニア大学の研究者たちが「大型の雑種は1才までに避妊・去勢手術をすると関節障害のリスクが高まる」という研究結果を発表しました。

カリフォルニア大学の動物病院にいる数千匹の犬を15年間分析した研究です。

1才まで避妊・去勢をした犬のうち、体重が約20kg以上の犬は関節障害のリスクが最大で数倍、上がっていたといいます。(なお、ガンのリスクはどちらも変わらなかったとのこと。)

関節障害には、股関節形成不全、肘形成不全、頭蓋十字靭帯断裂、膝の損傷などがあります。関節炎をともなうものもあり、犬が健康的に走ることがむずかしくなります。

研究者は保護犬についてふれており、「親がわかっていない子犬は将来的に何kgになるかわからない。健康リスクを下げるために1才以上になってから去勢・避妊をするべきではないか」と述べています。

去勢・避妊は犬のためとはいえ、一番は人の都合です。できるかぎり愛犬の健康リスクを損なわない方法をえらびたいですね。

ページの先頭へ