トピックス

Topics


2021年4月20日 / トピックス 「犬猫の尿管結石」

「犬猫の尿管結石」

 

人では高齢の男性と閉経後の女性に多いとされる“尿管結石”。

ワンちゃん・猫ちゃんでは、若い子からシニアの子までかなり広い範囲の年齢で見つかることがあります。

 

人の場合は、尿管に結石がはまった際に激しい痛みを生じることで見つかることがありますが、ワンちゃん・猫ちゃんでは痛みで発見することは稀です。

もちろん人の言葉が話せないため、見つかるちょっと前から痛みを感じていた可能性はあるかも知れません。

 

多いケースとしては、なんだか元気や食欲がなく動物病院を受診して画像検査を行なって見つかるというもの。

あるいは、元気も食欲もあるのに血液検査で腎臓の数値が上昇しており、詳しく調べて見つかったというケースも少なくありません。

 

腎臓はおしっこを作る臓器です。

作られたおしっこは腎臓を出ると、尿管を通って膀胱に一時的に貯められます。

この尿管に結石がはまってしまい、おしっこが膀胱へ送れなくなると腎臓に大きな負担がかかるようになるのです。

 

そのまま膀胱に流れてくれたり、溶けて無くなってくれればいいのですが、通常は手術による結石の摘出が必要です。

特に症状がある場合には急を要します。

定期的に健康診断などを受けていないと、なかなか早期発見が難しい病気の1つです。

ページの先頭へ