トピックス

Topics


2021年6月19日 / トピックス 「ワンちゃん・猫ちゃんの吐瀉物。どんなものだと危険?」

「ワンちゃん・猫ちゃんの吐瀉物。どんなものだと危険?」

 

愛犬・愛猫と生活していると、時々何かを吐いているのを目にすることがあることでしょう。

ぐったりしていたり、明らかに元気がなければ異常と判断できますが、そうでないと動物病院へ行くべきか悩んでしまうもの。

そんな時、拭き取る前の吐瀉物に注目してみると、何か情報が得られるかもしれません。

 

例えば、吐瀉物に血液が混ざっている場合、それは食道や胃腸のどこかで出血していることを示しています。

特に、真っ赤な血液が混ざっている場合には、今もなお出血が続いている可能性があり、ワンちゃん・猫ちゃんの様子をしっかりと見つつ、心配であれば早めに動物病院へ相談しましょう。

 

また、吐瀉物からうんちのような臭いがしている場合も要注意です。

消化管の動きが悪かったり、何かが腸のどこかで詰まっている可能性があります。

食べ物が大腸へ送られず、発酵してしまっているのでしょう。

 

もし何かが詰まり“腸閉塞”を起こした場合、愛犬・愛猫の命が危険にさらされる恐れがあり、いわば緊急事態です。

気軽に様子を見ず、早急な動物病院への受診をオススメします。

ページの先頭へ