トピックス

Topics


2021年10月6日 / トピックス カツオの縞模様にはどんな意味がある?

カツオの縞模様にはどんな意味がある?カツオ節やカツオのたたきなど、調理された状態でお目にかかることが多いカツオですが、生きているカツオの姿をイメージすることができますか?カツオの写真やイラストを見ると、お腹の部分に頭側から尻尾側に向かって横向きの縞模様が浮かんでいます。その縞がカツオの特徴的な模様なのですが、実はこの縞は常に出ているものではないのです。なぜ、どういった時に縞模様が現れるのでしょうか?普通に泳ぎ回っている時のカツオは、縞模様がほとんど見られません。カツオの体に縞が現れるのは、主に興奮した時です。釣り上げられた時や、船や陸に打ち上げられた時の衝撃によって興奮して、体に縞が浮かび上がります。そのため、一般的にカツオには縞模様があると認識されているのです。他にも、発情期や獲物を追いかけている時などにはくっきりと縞模様が現れるとされています。さらに、この縞模様には二種類あり、普段は縦縞なのですが、さらに強い興奮状態になることで、この縞が横縞に変わりもします。釣り上げられた直後の衝撃が大きいカツオの体には、縦にも横にも縞が浮かんで格子状のようになっていることもよくあるそうです。漁師の方くらいしかお目にかかる機会は少ないですが、もしカツオを釣ることがあれば、ぜひ縞模様の向きにもチェックしてみてください。

ページの先頭へ