トピックス

Topics


2021年10月10日 / トピックス 「ヒバカリ」という蛇の名前の恐ろしい意味と真実

「ヒバカリ」という蛇の名前の恐ろしい意味と真実「ヒバカリ」とは、とある蛇の名前です。その名前には、昔から語り継がれてきたとても恐ろしい由来があり、それが今でも多くの地域で信じられています。ヒバカリは日本やアジア、ロシアなどに生息する蛇で、大人になっても体長60センチくらいの小型の蛇です。「ヒバカリ」という名前は、「噛まれたらその人はその日ばかりの命」という意味から名付けられました。昔から、ヒバカリは猛毒を持つ蛇で、噛まれると血清など治療法もなく、その日の間に死んでしまうと言われ、人々から恐れられていたのです。しかし、現代ではヒバカリは毒を持たない安全な蛇であることが分かっています。そのため、ペットとしても一部の爬虫類マニアから人気を集めています。なぜ、毒がないのに噛まれたら死ぬと思われたのか。色々説はありますが、一番有力なのは、その姿がヤマカガシの幼体に似ているからではないかと言われています。ヒバカリの首元には、襟巻のような白い線が入っています。ヤマカガシの幼体にも、首元に白い筋があり、サイズも同じくらいなので見分けがつきにくいのです。ヤマカガシはマムシより強い毒を持っていると言われる蛇で、強く?まれなければ毒にやられることはありませんが、一度体内に毒が入ると、致死率はとても高いとされています。ヒバカリ自体は安全な蛇ですが、ヤマカガシと見分けがつかない以上は、見つけても下手に触ろうとしないほうが無難でしょう。

ページの先頭へ